防災対策

防災対策においては、うっかり忘れがちながらも、欠かすことのできないものがあります。

防災対策ができるのは、災害の起きていない今だからこそ。油断した頃にやってくるのが災害、もしかしたら今が防災対策のできる、最後のチャンスかもしれないのです。

気付いた今こそが、防災対策を見直す好機。

今の幸せを、失わないために。

警報

ほんの数秒、気づくのが早いかどうかが生死を分けることもあります。いざという時、パニックにならないためにも、安心の一台。

非常用照明

震災時には停電になるため、もし夜に大地震が発生したらあたりは闇に包まれます。ライトがなくては足下に散らばるガラス片さえわかりません。ライトは電球が切れる心配がなく電池が長持ちするLEDライト以外は考えられません。防水仕様なら、なお良いです。

消火器

震災時にはあちこちで火災が発生し、しかも道路も寸断されてしまいますので、消防車を呼ぶのは事実上不可能です。消火器はぜひとも備えておきたい防災用品のひとつと言えます。

ラジオ

避難する場所を間違えれば時間と体力の大幅なロスになります。これは死活問題です。何が起きているかを正確に把握するためにもラジオは欠かせません。あらかじめチューニングをしておき、スイッチを入れるだけですぐ使えるようにしておくことが大切です。

水と食料

水と食料は何よりも最初に確保しなくてはならないものです。消費期限が一度に来ないよう、非常食は少しずつ買い足していくのがコツです。

防災用品

非常持ち出し袋を始めとした防災用品は、迅速な避難のためにいつも手の届くところに置いておくべきです。まずは生命が最優先。一秒でも早く避難するために。

衣類

レインスーツは着るのにけっこう時間がかかります。ポンチョならサッと羽織るだけ。雨や風から身を守るだけで体力を温存できます。さらにポンチョは非常用トイレの目隠しにもなります。

タオル

災害時にはひとつの用途にしか使えない物より、使い道の多い物を選ぶことも大切です。まずはタオルをお忘れなく。大きめのスポーツタオルなら用途も広がります。

発電機

停電の復旧にはとても長い期間がかかります。発電機がおおいに役立つことは間違いありません。

金庫

大切なものは耐火金庫に入れておけば、もし火災に見舞われても望みがつながります。

住居

雨と風は急速に体力を奪っていきます。一枚の薄い壁が生き残る確率を大きく高めます。そして非常用トイレの重要性は、これまでに起こった全ての震災で教訓となっています。トイレの目隠し用にポンチョなどもお忘れなく。